豆腐メンタル

2人の学部3年生によるゆるい日記です。

アメリカ、ミシガン州立大学の授業ってどうなの?その4

今日からいよいよ寒くなり始めました。冬服を買いに行かないとですね。

 

今日はミシガン州立大学の授業第四弾ってことでいきましょう!

 

④Introduction to Urban Planning

☆概要

この授業は主に都市計画について学びます。都市とダウンタウン、住宅問題、持続可能なまちづくりなど学ぶことは多岐にわたります。100人くらいの規模で、教授が基本的に話をします。でも前列の方に座っている学生にたまに質問をしたりします。

この授業だけ1時間50分の長丁場。結構根気がいります。ただ、ビデオを見せてくれたり、アメリカのまちづくりのお話をしてくれるので、飽きはしないかなという感じです。

教科書はこちらも新品だと$120位だったので、Paperbackのものを買いました。

 

☆成績

この授業は、4回行われるミニクイズ、2回の中間試験、1回の期末試験、それからグループプレゼンテーション、ランダム出席で成績がつけられます。ただ前紹介した「Ecological Economics」よりは、テストの比重が大きくなっています。

 

☆感想

個人的には、こういう授業をすごく取りたかった!でもうちの大学だと、学部を越えた授業はなかなかとりづらくてどうしようかなと考えていました。でも交換留学で行けると、自分の専門に加えて、自分の興味のある分野の授業や、有名な先生の授業もとることができます。これも交換留学ならではの魅力では!と思っております:)

 

明日からまた休みになるので、クラブのことを書いていこうかなと思います!