豆腐メンタル

2人の学部3年生によるゆるい日記です。

早稲田大学での留学先の選び方 ~戦略編~

前回の記事では、留学プログラムがどうであるか、どのプログラムのタイプを選べばよいのかということを書きました。気になる方はチェックしてみてください!

 

mori4489.hatenablog.com

 

今回は、実際に自分がどのように留学先の候補を選んだかを書きます。

 

★判断基準

 

★お金💰

前回の記事の締めくくりに

 

お金をかけたくない方は、②EX-R、③EX-L、⑥箇所間留学、①DD

お金をかけられる方は、④CS-R、⑤CS-L、⑦私費留学も視野に入れる

お金がないはもったいない!奨学金に応募するべし!

 

の3つを提示しました。

 

自分は、お金をかけたくなかったので、②EX-R、③EX-L、⑥箇所間留学しか選択肢がありませんでした。(DDは少しお金が高そうだと思ったので!)

 

★英語力🔤

 

その中でも、「英語力を伸ばしたい」という思いがあったので、必然と箇所間留学は消えました。次に、語学を学びに行くEX-Lが自分にとっては最適なんだろうなと思っていました。でも、せっかく留学するなら、レベルの高い授業を現地の学生と受けたい!という思いがあったので、EX-Rで英語圏に絞りました。

 

★単位のしがらみ📚

また、自分は、政治経済学部の経済学科所属です。経済学科は卒業までに経済学科目を60単位程度取らないといけないんですね。でも、1年、2年前半のうちは、基礎科目ばっかりで、経済学科目は全く取れません。ですので、自分は今、経済学科目は8単位しか取れていません。ですので、EX-Lで留学してしまうと、留学先で、経済学科目の単位は当然取れません。一方EX-Rで留学すれば、単位換算ができるので、留学先で経済の授業を取れば、早稲田の経済の単位に換算してくれます!こういう観点からも、EX-R一択でした。

余談ですが、MSUで経済の授業を取っています。春学期は経済9単位、都市計画4単位、秋学期は経済9単位、社会心理3単位の予定です。もし全部取れれば、早稲田に換算すると、経済は25単位前後、その他で8単位前後になる計算です。

ですので、十分4年卒業も可能です!

 

★実際にどういう志望順位にしたか

早稲田大学の留学申請する際(英語圏)には、

①TOEFL IBT / ITP /  IELTS  などの英語能力試験のスコア

②GPA

③ES

を提出します。

 留学センターの方に、どれが一番重要になるのかという質問をしましたが、総合的にみるのでとしか言われなくてすごく不安だった覚えがあります。

 当時の自分は、TOEFL IBT 81 / GDP3.83(留学センター換算) でした。もともと英語はそこまで得意ではなかったので、夏休み中に、英語の勉強は飽きるほどしました。というのも、TOEFL IBTのスコアが80を超えると、EX-Rで行ける選択肢がかなり広がるのです!ですので、今勉強している方も、あまりナーバスになりすぎる必要はありませんが、80を目指してみてください!純ジャパで英語の塾も受験もしたことがない人でも、80は越えられたので、コツをつかめばみなさんもっといけます!

 このTOEFLの点数で、正直、EX-Rを勝ち取るのは難しいなと消極的になってしまったんですね、当時の自分は。ですのでかなり消極的な選択をしてしまいました。昨年度は、おととしの各校の倍率が書かれた紙を受け取ったので、それを見ながらひたすら倍率の低い所を探してましたw

  1.  University of California Berkely   USA   EX-R 80
  2.  MIchigan State University     USA   EX-R 79 (各セクション17以上)
  3.  University of California System USA EX-R 80
  4.  University of California Davis  CS-R 71
  5.  Iowa State University        USA  EX-R  61 
  6.  The California State University System  USA EX-R 71
  7.  University of Oregon         USA  EX-R  61

確か、これで提出しました。自分のTOEFL要件を満たしている所で、経済学が強いところ、沢山の学部があるところ、どちらかというと田舎チックなところ、学生が沢山いるところ、International Studentが沢山いるところ、クラブ活動が盛んなところを中心に絞りました。

結局第二志望だったわけですね。おそらく自分の場合は、GPAが押し上げてくれたんじゃないかなとも思いますが、TOEFLの点数は足切り点に過ぎないので、もっと積極的に、自分の行きたい所を書くべきだったなと後悔しています。(もちろん全部行きたかったけど、もっとレベルの高い所を書いてもよかったかもと思ってます!) ですので、消極的にならず、ここなら留学してよかったと思えるところを並べることを強くお勧めします!