豆腐メンタル

2人の学部3年生によるゆるい日記です。

シカゴ美術館の見どころ! The Art Institute Of Chicago

 

先日、シカゴマラソンに行ってきました!その観戦後、時間が余ったので、シカゴ美術館に行ってきました!

 

シカゴ美術館は、世界でも名の通った美術館です。今回は、そんなシカゴ美術館の概要と、個人的な見どころをご紹介したいと思います!

 

シカゴ美術館のHP:The Art Institute of Chicago

 

見どころその1 : ルート66の始まり!

 

みなさんルート66はご存知ですか?ルート66はカリフォルニアからシカゴを貫いている道路です。おそらくこの下の画像見たことある人、沢山いると思います。

「route 66」の画像検索結果

 

これです!アメリカで有名な道路の1つです。カリフォルニアのルート66は結構有名ですが、その始まりが、なんと!シカゴにあるんです!

f:id:mori100789:20181011223457j:plain

でん!この日はシカゴマラソンの日だったので、トラックが道路を防いだりと景色はあまりよくありませんが、ここがルート66の始まりです。トラックが道路を防ぐなんてあまりにもアメリカっぽいですね、、

この交差点が、シカゴ美術館の真ん前にあるんです!なので、シカゴ美術館に行く前にこの景色を見ることをお勧めします^^

ちなみにこの写真は、シカゴ美術館の入り口前の階段から撮った写真です。時間によっては、美術館前少し並ぶことがあるので、その時に撮るのもよいかもしれないですっ

 

シカゴ美術館の場所

f:id:mori100789:20181011224502p:plain

シカゴ美術館の場所はここです!ほぼシカゴの中心地にあります。また、北に行けば有名なモニュメントがあるミレニアムパークや噴水があります。それらとセットで観光ルートに入れることができるので、とても魅力的です。また、アクセス面でも、多数の電車、バスがあるので困らないと思います。

そして、先ほど述べたルート66はシカゴ美術館から左に伸びる道路です。『アダムズ、ワバッシュ』、『スカイデッキシカゴ』方面の道路です!

 

見どころその2 門外不出の絵画!?

f:id:mori100789:20181012130551j:plain

シカゴ美術館と言ったらこれ!というものがあります。それはこの上のやつです!

この作品名は『グランド・ジャット島の日曜日の午後(Un dimanche après-midi à l'Île de la Grande Jatte)』です。この作品は、19世紀の印象派ジョルジュ・スーラによって描かれました。パリ近郊のセーヌ川で夏の1日を過ごす人々を描いた絵画だそうです。

この作品の一番すごい所は、『門外不出』だということです。この言葉が意味するとこは、この作品は、シカゴ美術館でしかみれないということです。他のどの美術館に旅をしに行くこともありません。ここでしか見れません。

大きいホールのところにドーンと大きく飾ってあって、さすがは有名とあってたくさんの人がこの写真を撮るために群がっていましたよ!ぜひぜひ、シカゴ訪れたらお目にかかりたい作品の1つです!

 

見どころその3

f:id:mori100789:20181012131520j:plain

この作品名は、『年老いたギター弾き(The old guitarist)』です。作者はパブロピカソです。

 

ボロボロの擦り切れた服を身につけ、やつれてうなだれた盲目の老人が、スペインのバルセロナの通りでギターの演奏を弾いている情景を描いた作品

https://www.artpedia.jp/work-the-old-guitarist/

 

だそうです。

この擦り切れてやせ細った老人が一生懸命弾いている姿がすごく印象的で、なんかこみあげてくるものがありました。

自分は確かこの作品を、中学校の教科書か何かで目にして、すごく印象的だったのを覚えています。ですので、是非一度見てみたいなと思っていたので、この機会に見れてよかったです!